スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初!カンボジアを体験してきました

チェムリアップ・スォー(こんにちは)

2週間前にカンボジアから帰国しましたハッシーです。
ハヤハイのメンバー3人でカンボジアを体感してきたので、少しずつレポートをupしていきます。

バンブー・トレイン、アンコールワットを含む寺院遺跡の数々、クメール料理のお料理ワークショップ、
種の採取にトンレ・サップ湖の水上ツアー、アンコール・ビール...etc.

なんとぎっちり盛りだくさんな5日間だったことか。
今回はカンボジアで印象に残ったホテルをご紹介します。

色んなレベルのホテルのサービスを体験する、ということで毎晩ちがうホテルにチェックインを
していましたがその中でもバッタンボン市内で泊まったこのプカー・ヴィラという宿が
とても良かったです。

プールを囲むように全10部屋がコテージのように建つ、ヴィラタイプのホテルです。
その日は満室で、私たち以外は白人のお客様でした。
到着するとすでにフランス人のファミリーが優雅にプールでスイミング。
IMG_0817.jpg

実はこのホテルでは結構トラブルもありました。
チェックインでウェルカムドリンクを飲みながら、えらーく待たされること30分。
部屋でシャワーを使うと、あれ、水が排水されない・・・。
レストランでディナーを頼むと、これまたぜんっぜん出てこない。
ビールで腹を満たしながら、かるく1時間は待ったでしょうか。

にも関わらず、このホテルが好印象だったのはスタッフの笑顔あふれるホスピタリティと
細やかな気遣い。
すごい!これがカンボジアの笑顔マジック。

スタッフの中にはバッタンボン大学でホテル・マネージメントを学ぶ学生もおり、
みなスムーズに英語を話します。
ホテルをチェックアウトする日の朝、スタッフから排水トラブルについて改めて
お詫びがあったり、ディナーが遅かったお詫びなのか、サンドイッチのランチパックを
持たせてくれたサービス精神。

ツボですわ~。

プールサイドで夜くつろいでいると、スっと蚊取り線香を持って来てくれたり。
ふだん主婦をやっていると、こういうのって本当に嬉しいよね。

トラブルがあったけれど全く嫌な印象を残さずに、さわやかな一晩を過ごさせてくれました。

旅の満足は誰と出会い、過ごすかで決まるのです。
そして心からのホスピタリティは、どんな良い設備より記憶に残るものです。

また来たいホテルです。
(でもディナーは早く出せよ)







スポンサーサイト

森の恵みに・・・恋しちゃう!

P1110914.jpg

カンボジア 種探しの旅

いってまいりました!


HAYA-HAYはじめ

多くの T/A/N/E ファンへの おくりもの。。。。。。。。。

この 5月11日、12日の土日に

JR 京浜東北線 本郷台駅下車 徒歩3分

アースプラザで行われる

2013 多民族・多文化共生 あーすふぇすた で・・・

HAYA-HAY 種たねチームが贈る

フォレスト・シード・ジュエル で ご紹介!!!


えっっ??

「HAYA-HAY(はやはい)さんの 商品は すぐになくなる?」

そうなんです!

大量生産でない、大量生産できない、

そんなものを ごしょうかいする

ちょっと 変なお店 なんです。(かなり変・・・?)


様々な国や地域の少数民族の女性に会いに行き

その本当の美しさに 脱帽のサチサチ。

日本のようなお化粧とは かけ離れていますが。

一応、お化粧らしきものがあります。


私の見つけた 本当の素敵は・・・

「彼女たちのかもしだす 民族の誇り」でしょうか。


HAYA-HAYは、森からの贈り物と 森の民の知恵の

おすそ分けを頂きたい。

そして、同じように感じてくださる女性たちにも

この「誇り」を纏ってほしいと、願うばかりです。


BY サチサチ

今、伝えたい・・・

P1110451_20130419220735.jpg


はあはあはあーっ、

今、向こう隣りの私の住む家の9階から

エレベーターを待ったいられず

全速力で 階段を駆け下り

HAYA-HAYの店舗へ走りこんだ。


普段テレビなど 見る時間さえない 私が

どうしても見たかったTVを見終えて

ありったけの 力で 駆け下りてきた。


昨年 アンコールワット見物へと

タイのカービング学校を終えた私が

空いた時間を有効利用して

ふと 訪れたカンボジア・・・




自分の本来したかったことも

忘れてしまっていたこの3年の

本当の思いを思い起こさせてくれた

カンボジア。

どうしても、今日書こう・・・そう思った。


今夕6時半から テレビ東京の番組の中で

私のイチオシ カンボジアの「KURATA PEPPER」

を起こしている 倉田さんのストーリーが紹介された。

P1110851.jpg

今年数回、プノンペンのKURATA PEPPERを

訪れているが、残念ながら倉田さんは畑に出ていて

お会いできていないが、

このクラタ胡椒の魅力に溺れて数年がたつ。

最初は、個人使いで JICAの胡椒の専門家 G先生から

ご紹介を受けた逸品だと信じてやまない。

日本でほとんど取扱いがないと伺っているが

私は、カンボジアを訪れると必ず

このお店に立ち寄り

限られた低予算で 購入してくる。

皆に知られたくないような 不思議な感覚さえあるけれど、

今日の放映をみて、自分が良いと信じてきたものが

こうして紹介されることにも 喜びを感じたわけだ。

完熟胡椒は、とくにその収量は少なく、貴重なもの。


現在、店舗内に少々残っている。

5月11日、12日に 行われる

本郷台 あーすふぇすたでおそらくは 完売してしまうでしょう・・・?


どうぞ 店舗まで!   HAYA-HAY サチサチ











好きな場所

カンボジアから 帰国した日は
「冬をわすれないで・・・」
冬の妖精がささやく 冷たい雨天。

店の裏の公園の先につくと
目を疑うばかりの桜・桜・桜

2013桜

白かな・・・と思える位の
あわい桃色が脳の奥底まで
じ~んと染み渡る美しさ。


この春先の桜は
私にとっても大きな一年の節目。
どんな人々にも 様々な思い出を
思い起こすすばらしい季節の贈り物。

人生の中で、
何処が一番好きかと尋ねられることがあります。
そんな時
「まだ 見ていないところがあるのに なんと答えようか」
悩むことがあります。

それぞれに足を止めて見入ったり
息を止めてしまうくらい美しいモティーフに
であったり
それぞれに何とも言えない魅力がある
カンボジアの幾つかの遺跡

中でも 私の一番のおすすめが
ベンメリア

ベンメリアの森

一度目に訪れた時は、11月。
ちょうど雨季が終わったくらいの頃。
乾いた喉を潤すために
視線を水の入ったボトルに落とし
キャップを開け 水を飲もうと顔をあげた瞬間・・・
幻想的な空間へトリップ。

乾季まっただなかの 2月、3月は
ベンメリアへの途中でも
何度か幸せそうなカップルの結婚式に遭遇。

ベンメリア 結婚式

思わず走って・・・「おめでとう!!!お幸せに!!!」
そう叫び、写真を撮らせて頂いた。
私も あやかりたいものだ。


そう、シード・ハンター(笑)の私 サチサチは
「種」のありそうなところには
出来るだけ自分の足で現場に入り
採取・写真撮影など行っているわけですが・・・

ここでも 見つけました!

種の莢 ベンメリア種の莢 ベンメリア2

種の莢だー!

カサカサと中で種たちが踊る音。
その場で、莢を開けようと試みるがかたくて
とてもあく様子がない。
大切なものは、なかなか 簡単には
手に入らないものなのだ。

___20130323235234.jpg

見るに見かねた 同行のタクシー運転手さん、
ガツン・ガツン と 石を片手に持ち
莢開けのお手伝い。
きおん37度の中、汗をかいて頑張る。

やがて 種たちは 「森の宝石」へと変身し
人々の心も体も 誇り高く輝かせる。

フォレストシードジュエル


「フォレスト・シード・ジュエル」のお取り扱い、オンリーワンのカンボジアの旅についてのお問い合わせは

             横浜 HAYA-HAY はやはい まで どうぞ!
045-341-4864 担当 かわはつ まで





生まれて はじめて・・・・

HAYA-HAYブログをみてくださる方々へ
いつも見守りをありがとうございます。

バタバタと過ぎていくHAYA-HAYの3年間。
不慣れな事、想像と違う事など
様々な体験をしてきた中で

「あれも しなきゃ・・・」

「これも しなきゃ・・・」

自分でも気付くことなく 下降スパイラルにはまっていました。

「これを しよう」

「あれを したい」

もとのチャンネルに切り替わった
生まれて初めて 訪れた カンボジアの旅は
下降スパイラルの私自身の目を覚まして

GO OUT SIDE!

自身の中の遺伝子のスイッチを再び ON へ。

自身のしたいことを体験し その 心の動きや 感動を伝えたい
ひとりでも「私もやってみたい」と思ってくれるならば
その価値を信じることができる・・・

誰が何と言おうと
この遺伝子の意志は やはり 変えることはできません。

これから先 どれくらいカンボジアを訪れることになるのか?
正直なところ 私にも不明です。

とりあえず カンボジアでの 素敵な発見、感動の体験を暫く
お伝えできればと思います。

今回は・・・・

カンボジアのおやつ

ハスの実2

これ、何だろう・・・? かなりぼけていてごめんなさいネ

アンコールワットのあるシェムリ・アプから
車でバッタンボン方面へ走っていくと
小さな机を道沿いに並べて
何か売っている人々を見つけて停まる。
地元の野菜や魚に交じって
売られていたあるものとは?

ハスの実4

ハスの実

花の咲き終わった 蓮の実の部分。
プツプツと表面に出ているところから
ドングリ位の小さな薄緑の実をほじくりだして
薄皮を一枚剝いて口の中に ポイッ!

少し青臭いくて おいしい・・・とは感じなかったけれど
なんだかなつかしい 青野菜という感じのたべもの。

シーズンによっては採取できないそう
今回は、まだないかもしれない時期に
出会いました。

ハスの実店であった少女

英語を勉強しているという
バッタンボンからきた高校生2人が
食べ方を教えてくれる。

私は 茎から無造作に折った花の花の部分を
5-6本まとめて持ち歩こうとすると
「こうすると いいのよ」
と、蓮の花の部分からすべての小さな実だけを外してくれる。
「あとは、袋にいれて 持ち歩きながら食べるの」と。

カンボジアでは お店にいけば
スナック菓子ももちろん入手できますが
こんなナチュラルなおやつを食べていて
何だかうらやましい感じがします。


この日であった人々に スースダイ(はじめまして)
そして オークン・チュラーン(どうもありがとう)  BY サチサチ



自分の楽しみが 気付かぬうちに 
誰かにとってもよい影響を与えているとしたら・・・
              それは ほんとうに 素敵な事・・・
様々な文化を体験し 皆さんに その楽しさを お伝えしたい 
             
             HAYA-HAY横浜
プロフィール

HAYA-HAY

Author:HAYA-HAY
世界をつなぐ
エシカル・トレードショップ

HAYA-HAY
はやはい


Sea Uemuraによるカードリーディングのセッションが不定期でスタート!詳しくはFacebookで。

HAYA-HAY Facebookページ

HAYA-HAY instagram

【所在地】
〒231-0051 神奈川県横浜市中区赤門町1丁目8番地
京浜急行電鉄本線 黄金町駅徒歩約3分
営業時間 12:00~18:00(水曜定休)
e-mail: hayahay.yokohamaアットgmail.com

最新記事
カテゴリ
ようこそHAYA―HAYへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。