スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月9日ワークショップ・レポート~「シルクロードを西へ!~ハラール・新しい食との出会い」

ハヤハイ・スタッフの橋本です。

少し前に行われたワークショップ、
「シルクロードを西へ~ハラール・新しい食との出会い」をレポートします。

ふだんはクラフト制作のワークショップが多いハヤハイで、この日はイスラム文化を
体験するワークショップが行われました。

講師を務めてくださったのは、ナセル永野先生。
自身もイスラム教徒であり、現在は市民団体あおいの代表として
ハラールフードの社会的認知普及や在日ムスリムのサポート活動をされています。

あおいのホームページはこちら 市民活動団体あおい

ハラールとはイスラム法の中で許されたもの、という意味だそうです。
この日は5人の参加者とともに、どんな物がハラールで何がそうではないのかを
検証していきました。

まずは今日のランチに食べたものや、前日に食べたものなどをリストアップして、
それら一つ一つを永野先生がこれはハラール、
これはハラム(イスラム法で禁じられたもの)と分類していきます。

面白いのがハラールとハラムの中間があることで、
これは「絶対ダメではないが、出来れば食べない方がよい」とされるもの。
かなりの物がこの中間に入りました。

ハラールというと豚、酒、タバコ以外はハラールだろうと
勝手に思っていた私ですが、実はハラールってもっともっと奥深いんですよ。

たとえば私のリストには、ピーナツバター・パンやコーヒーなどがありました。
これらはハラールにはなりませんでしたが、中間の部類に入りました。

理由はピーナッツ・バターになんの油脂を使っているかがわからない。
もしかすると豚の油脂を使っている可能性もあるからだそうです。
コーヒーはイスラム戒律によれば原則ダメだそうです。 
でも実際にはコーヒーを飲んでるムスリムもけっこうおり、
イスラム世界でも賛否が分かれるところだそうです。

ワークショップ途中でハルーアという、イスラムのお菓子がふるまわれました。
これは小麦粉とココナッツ粉を使って作られている、イスラムの
練り菓子といった感じです。 
スプーンで食べます。
もちろんハラル食です。

食べてみるとココナッツの自然な甘さがちょうど良い、たいへん美味なお菓子でした。
これは子供のおやつにもお薦めですね。

考えてみれば私の日本の食生活って毎日毎日、加工食品のオンパレード。
半調理済みのおかずや、冷凍品やお菓子...etc。
これらにどんな素材が使われてるか、ろくに見もしないで自分も子供たちも食べてます。
だけど毎日の食事がその人の肉体を造り、脳を造っていくんですよね。
そう考えると、毎日口に入れるものにもっと意識を配るべきだと思いました。

私もタンザニアに住んでいたころは、野菜や魚やお肉を素材で買って料理してました。
なんせ加工品はほとんど輸入なので、高くてあまり買わなかったんですね。
だけど今と比べるとあの頃の方が健康的な食生活してたと思います。

ハラール認可を得た食べ物は、素材、調理プロセス、加工プロセス、
調理に使用した器具にいたるまでとても厳しいイスラム戒律を
パスしたものであるという証明なのです。

もちろんムスリム以外の人が食べても健康に良い、抜群のヘルシーフード。
ハラールを知ることで、自分の食生活を見直すきっかけにもなった日でした。


4月、5月もハヤハイは盛りだくさんのワークショップを予定しています。
ホームページはこちら。
>ハヤハイ

みなさまのご参加をお待ちしております。






スポンサーサイト
プロフィール

HAYA-HAY

Author:HAYA-HAY
世界をつなぐ
エシカル・トレードショップ

HAYA-HAY
はやはい


Sea Uemuraによるカードリーディングのセッションが不定期でスタート!詳しくはFacebookで。

HAYA-HAY Facebookページ

HAYA-HAY instagram

【所在地】
〒231-0051 神奈川県横浜市中区赤門町1丁目8番地
京浜急行電鉄本線 黄金町駅徒歩約3分
営業時間 12:00~18:00(水曜定休)
e-mail: hayahay.yokohamaアットgmail.com

最新記事
カテゴリ
ようこそHAYA―HAYへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。