スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンザニアの食!!

タンザニア産
極上インスタントコーヒー

【アフリカフェ】



コンニチハ~ 


くいしんぼうスタッフ ヨシミで~す( ̄ー ̄)


美味しいものは とことん 紹介します m9っ`Д´) ビシッ!!


今回、ハヤハイで取り扱うことになった

インスタントコーヒー

わたくしめ・・・ハマりまして・・・
リピート買いしております (;´∀`)


コーヒーにはかなりうるさいです、ワタシ(笑)
個人的に エスプレッソ(濃い・苦い・香強い)を
好んでおります。


まさか、、、
インスタントでここまでおいしいなんて(゚д゚)!

すごく細かいパウダー
サラリと溶けます (人´∀`).☆.。.:*・゚


まだまだ 暑いので
キリリと冷やして 
濃いめのアイスコーヒー(わたくしめは かなり濃く)
いただいておりまする


ティースプーン2杯(2g)ぐらいで十分おいしくできます。
お得な80gパックです★
急なお客様にも とっても便利 
話のタネにも とっても便利(笑)



【Africafe アフリカフェ】


東アフリカ赤道直下の国 タンザニア。

動物自然保護地区サバンナに暮らす野生動物、

遊牧民マサイ、アフリカ最高峰キリマンジャロ山・・・

アフリカフェは、この地で無農薬栽培で大切に

栽培された豆だけを使った 

極上インスタントコーヒーです。


19266423_o1.jpg

苦味と酸味がほどよく調和し、

くせのないスッキリとした味が特徴。


スプレードライ方式によってつくられた細かいパウダーは

冷たい水や牛乳にもサラリと良く溶け、

そのまま混ぜ込んで作れるのでお菓子つくりにもピッタリ



タンザニア ブコバ産コーヒー豆 100%使用。

IMOオーガニック認証取得。

日本で残留農薬検査済みです♪


( ^^) _旦~~ 味わいチャート

苦味 ★★★〇〇
酸味 ★〇〇〇〇
コク ★★★★〇
渋み ★〇〇〇〇
香り ★★★★★



ハヤハイでは 

お得な詰め替え用80g:700円

お取り扱いしております♪


19266423.jpg

ついこの間入荷したばかりなのに・・・

在庫・・・かなり減っている!!!

リピーターが他にもいるようですな(笑)

むむ。 再入荷・・・決定?! m9っ`Д´) ビシッ!!


★アフリカフェについて

アフリカフェは、(株)トロワが、2000年4月に初めて日本に輸入した、
タンザニアの無農薬&極上インスタントコーヒーです。
日本ではなじみのないものですが、タンザニアでは、
もう30年以上作りつづけられており、東アフリカで最も愛されているブランドです。

インスタントコーヒーは、世界の各コーヒー産地から、質が悪く、
安いコーヒー豆を仕入れて、それらをブレンドして加工するというのが一般的です。
しかし、アフリカフェは、タンザニアのブコバという特定の地域で、
作られたコーヒー豆の中でも、極上の豆だけを選りすぐり、しかもそれを
生産地であるブコバで、インスタントコーヒーとして製品化されているところが、
まったく違います。

ブコバは、ビクトリア湖西岸に位置する町で、キリマンジャロと並んで、
タンザニアでは昔からのコーヒー産地として有名です。

middle_1269317393.jpg

キリマンジャロのコーヒープランテーションは、植民地政策の流れの中で、
ギリシア人によって初めてコーヒーの木が、キリマンジャロ地方に植樹されたのが
始まりですが、ブコバでは、植民地としてコーヒー栽培が始まる以前から、
エチオピア原産のアラビカ種もコンゴ原産のロブスタ種も自生していました。

土地の人は、昔からコーヒーの実を食べており、ブコバには、コーヒーにまつわる伝説や
昔話も残っています。
つまり、ブコバは昔々から、コーヒー栽培の最高の自然条件を満たす土地であり、
コーヒーと共に生きてきた人々の土地、だからこそ、美味いコーヒー豆の産地と
なることができたのです。 

コーヒーの名称は、積出港、国名、地域名など多様な付け方をされていますが、
ブコバの豆は、東アフリカのブコバ産でありながら、アデンを経由することで
「モカ」と名づけられ、「幸せのアラビアコーヒー」として、
世界のコーヒー愛飲家たちを魅了していたのです。だから、世界中の人々が
ブコバのコーヒーの味を認めていたにもかかわらず、ブコバの名は広がらなかったのです。

アフリカフェの製造元のタニカ社は、ブコバという、1つの地域に生産地を限定しながらも、
アラビカ種、ロブスタ種の両方を贅沢にブレンドすることができるという最高の条件のもとで、
酸味も苦味も程よくマッチした、このアフリカフェの絶妙な味を作り出しているのです。

middle_1269320424.jpg

アフリカフェの製造元タニカ社の設立当時に、技術指導をしたのがドイツ人でした。
もちろん、機械もすべてドイツ製を使っています。ドイツのインスタントコーヒー製造技術
と品質は、今も昔も、世界最高の水準です。
そして、そのドイツのインスタントコーヒーの特徴が、この微粒子状のさらさらパウダー
というわけです。

インスタントコーヒーは、すべてコーヒー豆100%と言われていますが、表向きはそう言われて
いますが、中には、アロマ(芳香)付けのための人工的な芳香剤を入れたり、
コーヒー豆の量を減らしてコストを下げるために、化学的に作られたエキスを入れたりしている
ものもあります。
アフリカフェは製造時には、一切の化学薬品は使われていません。
アフリカフェが、無農薬で栽培した、上質のコーヒー豆だけを使用しているというだけでなく、
インスタントコーヒーに加工する際に、化学薬品を一切使用していないので他のインスタント
コーヒーに比べて、後味がとてもすっきりしています。

ほかのインスタントコーヒーと違って、粒子が非常に細かく、さらさらなので、
お菓子作りにも向いています。
材料と混ぜ合わせるときに、コーヒーだけをいったん水に溶かしたりしなくても、
そのまま材料に混ぜ込むことができるからです。


・・・と、納得のおいしさの裏側。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

HAYA-HAY

Author:HAYA-HAY
世界をつなぐ
エシカル・トレードショップ

HAYA-HAY
はやはい


Sea Uemuraによるカードリーディングのセッションが不定期でスタート!詳しくはFacebookで。

HAYA-HAY Facebookページ

HAYA-HAY instagram

【所在地】
〒231-0051 神奈川県横浜市中区赤門町1丁目8番地
京浜急行電鉄本線 黄金町駅徒歩約3分
営業時間 12:00~18:00(水曜定休)
e-mail: hayahay.yokohamaアットgmail.com

最新記事
カテゴリ
ようこそHAYA―HAYへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。